バークリバー おすすめナイフ 5選 | ナイフショップ グローイング!

バークリバーナイフのおすすめ!

特徴

*アメリカ製 1台1台アメリカの職人が削り出すナイフです

*ハマグリ刃=コンベックスグラインド

食い込みバツグンの刃付け形状になりますが初心者には少々砥ぐことが難しいです

~~ 革砥をおすすめします ~~

革砥」 一覧

* レザーシースが箱出しでキツイ

これは特徴というのもおかしいかもしれませんが ベルトで固定するタイプのシースは箱出しで固定ベルトが届かない位 きつかったりします

レザーは伸びるので最初からゆるゆるより親切と思います

どうしてもの場合は水で濡らして少しずつ伸ばしてください

鋼材種類

CPM-3V : 刃持ちの良い高級鋼材 刃持ちが良い半面 砥ぐのが大変になりまります

ELMAX :こちらも高級鋼材 定価もこちらの方が高価になります 更に刃持ちが良いです

A2 : 定番A2鋼 カーボン鋼なので錆びやすいですが使い勝手の良い鋼材です

個人的には安価で切れるA2をおすすめしますが 3VもELMAXも刃持ち良く使えるのでおすすめです

おすすめ機種

■バークリバー■クラシック・ドロップ・ポイント

ナイフショップ グローイングのイチオシはこちら!

フォルムは ナイフの神様 ボブ・ラブレス氏によりデザインされたドロップポイントナイフです。ハンティングからキャンプフィールドまで使いやすいナイフです

■ブレード:約9.5cm
■全長:約21.1cm
■シースマテリアル:Leather

販売はこちら 

■バークリバー■クラシック・ドロップ・ポイント 各種

■バークリバー■ ブラボー1 シリーズ

バークリバーで一番人気のモデルがこちらです

なぜかランプレスモデル指定の方が多くいますがランプレスモデルはこちら

定番ど真ん中は A2 ブラックマイカルタモデルです こちら

■ブレード:約11cm
■全長:約23.7cm
■シースマテリアル:Leather

販売はこちら

■バークリバー■ ブラボー1 シリーズ

■バークリバー■ 「フォックスリバー」 シリーズ

大きさは上記 ブラボー1シリーズより一回り小さいサイジング

個人的にはこちらの方がおすすめかもしれません

■ブレード:約10.4cm
■全長:約21.5cm
■シースマテリアル:Leather

販売はこちら

バークリバー■ 「フォックスリバー」 シリーズ

■バークリバー■ 「ブラックウォーター2」

ブレード長はブラボー1と同じサイズですが

薄手のブレードでキッチンまで使いやすいナイフになっております

(キッチン向けはもう少し薄いほうが使いやすい面もありますが、、)

シースもポーチタイプで使いやすいです!

■ブレード:約11cm(約3.6mm)
■全長:約22.5cm
■ブレードマテリアル:ELMAX
■ハンドルマテリアル:Black micarta
■シースマテリアル:Leather

販売はこちら

■バークリバー■ 「ブラックウォーター2」

■バークリバー■ 「ブッシュクラフター」

ブッシュクラフト向けでバークリバーの通常のグラインドと異なりスカンジスタイルになっております

でもカチッとしたスカンジではありません

細身のハンドルのストレートスタイルで取り回しの良いナイフです

■ブレード:約10cm(約3.6mm)
■全長:約21.7cm
■ブレードマテリアル:CPM-154
■ブレードハードネス:60-61RC
■ハンドルマテリアル:Micarta
■シースマテリアル:Leather

販売はこちら

■バークリバー■ 「ブッシュクラフター」【CPM-154

ナイフショップがおすすめする バークリバーナイフ5選です

冒頭に記載しましたが ハマグリ刃は少々砥ぎづらいので初心者に簡単におすすめはできませんが この機会に革砥も購入してチャレンジしてみてはどうでしょうか?

ナイフ02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする